Ftarri / CD shop

Jean-Luc Guionnet / Eric La Casa
Home: Handover

4-CD set CD4枚組、レーベル:Potlatch(フランス)、CD番号:P 314、2014年10月発売。

フランスの音楽家、Jean-Luc Guionnet と Eric La Casa による奇妙で興味深いプロジェクトの成果を4枚のCDに収めた作品。2010年5月、英国グラスゴーの住民(音楽家でもなく、実験音楽や即興音楽のファンでもない)のアパートに出向いて、彼 / 彼女の好きな音楽について、実際にその音楽を流してもらいながら話を聞く。そのインタヴューや流れる音楽、さらには彼 / 彼女が部屋を動き回って出す物音などもまるごと録音。これがプロジェクトの第一段階で、その後一連の作業で使われる素材となる。第二段階は2010年11月の2日間、グラスゴーでのコンサート。Aileen Campbell(声)と Gael Leveugle(声)、Lucio Capece(サックス)、Neil Davidson(ギター)、村山政二朗(ドラムス)の5人が舞台に立ち、ヘッドフォンで第一段階の録音を聞きながら(録音は観客には聞こえない)声を出し、演奏する。5人それぞれには役割分担があり、例えば、声担当のひとりは録音の話し声の物まねをし、もうひとりは録音の内容を説明する。第三段階は、コンサートと同じ日にグラスゴー在住の音楽家 Keith Beattie が自宅で第一段階の録音を聞き、それに反応して即興で演奏をおこない、それからいくつかの質問に口頭で答え、最後に家を出て、屋外の環境音のみとなって終わる。最後の第四段階は、Guionnet と La Casa が第一〜三段階のすべての録音を使いミックス・編集作業をおこなう。これら4つの段階の録音を一枚のCDに収録(4トラック)している。インタヴューされた住民は4人で、それぞれのインタヴュー録音に4つの段階を踏んでいて、合計4枚のCDとなった。音楽を聴くCDではなく、音楽について聴くCD。

mp3 excerpt: CD IV, track 1
mp3 excerpt: CD IV, track 2
mp3 excerpt: CD IV, track 3
mp3 excerpt: CD IV, track 4

価格:4000 円


[現在のカゴの中身] [前の画面]

[新着情報] [商品一覧] [注文・支払方法]