Ftarri / Hitorri

広瀬淳二

SSI-6

hitorri -990
限定300部
2016年5月29日発売
価格 1,500 円 + 税
CD ショップ


  1. Blue Plastic String (19:06)
  2. Glass Bottle (3:11)
  3. Brush [long] (2:18)
  4. Rubber Band 1 (3:06)
  5. Desk & Board (5:51)
  6. Brush [short] (2:49)
  7. Yellow Plastic String (7:04)
  8. Rubber Band 2 (2:06)
  9. Rubber Band 3 (2:29)
  10. Washboard (1:18)
  11. Wire Mesh (1:24)
  12. Green Plastic String 1 (1:55)
  13. Green Plastic String 2 (0:44)
  14. Bottle [large] (3:21)
  15. Bottle [small] (3:47)

    mp3 excerpt: track 1
    mp3 excerpt: track 3
    mp3 excerpt: track 9
    mp3 excerpt: track 14

広瀬淳二:self-made sound instrument, version 6


1970年代末からサックス奏者としてフリージャズ / 即興音楽シーンで活躍してきた広瀬淳二には、がらくたや日常品を集めては組み立て、それを楽器として使いノイズ演奏をおこなうもうひとつの顔がある。広瀬自身はそのノイズ楽器を SSI (self-made sound instrument) と呼び、2013年に『SSI-4』(hitorri-997) を、2015年には『SSI-5』をリリース。そして、ここに本作『SSI-6』が登場。SSI-6号機は、4号機・5号機の轟音とは違い、ホワイト・ノイズをベースにしたドローン。本CDには2016年1月スタジオ録音の15曲を収録。エアー・コンプレッサーを2台使い、横長に幾重にも張ったPEテープに強烈な風を当ててホワイト・ノイズを生み出し、その音はせわしなく微妙に変化し続ける(19分に及ぶトラック1)。広瀬はさらに、風を当てる素材を取り替えて(ボトル、ブラシ、ラバーバンド、色の異なるPEテープなど)、素材の違いにより生じる音の差異を探求。これらを時間の短い14トラック(1〜7分)に収録。吹きすさぶ音の疾風は時間の経過とともに清濁入り乱れ、多様に姿を変え、時に穏やかな表情を示す。演奏するにあたっては、電気的処理は一切使わず、生音にこだわった広瀬流ノイズの真骨頂。


Last updated: May 7, 2016

ふたり ホーム