Ftarri / Meenna

杉本拓

Quintets: Berlin, San Diego

meenna-984
CD
限定500部
2017年10月15日発売
価格 1,500 円 + 税
CD ショップ


  1. Quintet (2017) - Berlin, 2017.08.06 (30:42)
  2. Quintet (2017) - San Diego, 2017.03.15 (29:02)

    作曲:杉本拓

    mp3 excerpt: track 1 (part 1)
    mp3 excerpt: track 1 (part 2)
    mp3 excerpt: track 2 (part 1)
    mp3 excerpt: track 2 (part 2)

Rebecca Lane:フルート (1)
Michael Matsuno:フルート (2)
小川道子:クラリネット (1, 2)
Samuel Dunscombe:クラリネット (1, 2)
Johnny Chang:ヴァイオリン (1)
Erik Carlson:ヴァイオリン (2)
Lucy Railton:チェロ (1)
Judith Hamann:チェロ (2)


ギター奏者、杉本拓の近年は、作曲家として国内外の演奏家に曲を提供する一方、即興演奏家としても積極的に活動している。現代音楽のヴァンデルヴァイザー派周辺の作曲家や演奏家と頻繁に交流し、海外に出かけて演奏することも多い。5人の日本人演奏家からなる Suidobashi Chamber Ensemble のメンバーでもある。

杉本拓にとって、Meenna レーベルからは、2015年発売の『Septet』以来となるリリース作品。本CDには、彼が2017年に作曲した「Quintet」をドイツ、ベルリンと米国、サンディエゴで録音した、ふたつのヴァージョン(どちらも約30分)を収録。曲はフルート、クラリネット2本、ヴァイオリン、チェロの5人で演奏。1曲目のベルリン・ヴァージョンは、2017年8月6日のライヴ演奏。一方、2曲目のサンディエゴ・ヴァージョンは、2017年3月15日スタジオ録音。オーストラリアのクラリネット奏者、サミュエル・ダンスコム (Samuel Dunscombe) と、同じクラリネット奏者の小川道子が両方の演奏に参加。ほかの演奏者は、ベルリンが Rebecca Lane (フルート)、Johnny Chang (ヴァイオリン)、Lucy Railton (チェロ) 、サンディエゴが Michael Matsuno (フルート)、Erik Carlson (ヴァイオリン)、Judith Hamann (チェロ)。杉本は作曲のみで、演奏には参加していない。しばしば重なり合い干渉し合う管楽器のロング・トーンと、さりげなく放たれる弦をはじく短音が終始続き、シンプルな構成美と静謐な響きが全体を貫く名曲にして名演。


Last updated: October 5, 2017

ふたり ホーム